スクール浜田校レポートです!!

スクール浜田校レポートです!!

 

今回のスクール浜田校は、ローリングダウン(グランダー)をテーマに行いました。

プレイングディスタンスエリアのローリングダウンには、主に(ライナー)・(グランダー)と分かれますが、今回はグランダーにフォーカス!!

 

ライナーボールとグランダーボール、身体の動き方や使い方は同じように思えますが、、、、、、、、、

実は、大きな違いがあるんです。

 

当たり前ですけど、ボールの飛んでくるコースに違いがあるのでプレーにも違いが出てくるのは当たり前です。

ここがアバウトになりやすいポイントでもありますね。

 

先ずは、このポイントの理解と身体の使い方の違いをドリル形式でみっちり行う事が必要です!!

身体の動き方が、スムーズに出来てくると守備範囲が30cmは広くなると思われます。

たかが30cmと思う方もいるかもしれませんが、、、、、

 

シュートを止めるにあたって30cmは大きいと思いませんか、、、、、、?!

 

ここを知ってると、知っていないとは大違いになります。

 

この様な理屈や理論をプレーで成功させていく事で、ゴールキーパー本質や魅力楽しさを実際に体験していく事が大切だと思います。

 

現代のサッカーで求められるゴールキーパー像は、ここにあります!!!

 

スクールに来て体験してみてください!!

 

=========================================================

 

 

今回の参加は3名。スクールスタッフは2名でこないました。人数が少ない分プレイタイムが多くなります。たくさんプレーできることは、たくさん学べるということになります。

 

いつもどうり、ジョギング&ストレッチから行います!!

 

 

浜田校担当コーチ河野達也コーチから一言!!体験生が1名来ました。

レギュラー争いから負けたくないという思いで来てくれたようです!

 

続いて基本ドリルを行います。「基本」何が基本なのか?!

アバウトにしたくない部分!明確に伝えていく時間です。

 

今回の本題に入って行きます。

先ずは、ローリングダウンの受け身の部分から行いますが、倒れるときの「痛みのストレス」を少しでも軽減する為に、身体の使い方を順序よく伝えて行きます。

もちろん、プレーの方向も大事なポイントです。ここもしっかりと伝えて行かないといけません。

 

そして、ボールを捉える位置も確認して行きます。体に近い所でボールを捉えてしまうとキャッチングするのに窮屈になりボールにパワーが伝わらず、なかなか良いキャッチングが出来ません。

身体を痛めてしまう場所も出て来ます。

 

基本姿勢から、静止球に対してアプローチして行きます。

 

ポイントを押さえて伝えていくと、良いプレーも増えて行きます。

選手達も、「どこ」を「どのように」していけば良くなるのかを意識してトライして行きます。

 

 

 

実際に蹴ったボールに対してトライしていきます!

今回は、グランダーのボールに対してがフォーカスポイント!!

ボールへのアプローチの仕方がポイントとなりますが、身体をいかに流動的に動かしていくか?!

ここに、理解を深めていきます!

 

トレーニング映像です!

 

トレーニング終了後は、スクールスタッフと選手から一言!!

今回のトレーニングは、前回より増して良いプレーがたくさん出ていました!

積み重ねていく事で、選手達も理解が深まっているようです!

次回のトレーニングも楽しみです!

 

浜田校

9月1日(土曜日)

場所   サンビレッジ浜田

時間   18:30〜20:30

無料体験の受け付けは下記のフォームから行えます!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

 

Related Articles

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

ページ上部へ戻る