MOVIE スクールレポート

4/25 出雲校レポート

更新日:

4/25の出雲校トレーニングレポートです。

今回のテーマ

シュートストップ‼️‼️

年度始めは、基本的な動作をしっかりと落とし込んでいきたいと思っています。

今回は、プレジャンプとリバウンドジャンプの改善を行いました。

リバウンドジャンプとは...

プレジャンプの反動を使って、ボールに寄る動きです。

プレイングディスタンスエリアに飛んできたシュートに対して、手だけを使って、腕の力だけで止めようとする光景をよく目にします。プロの選手もよくそういう捕り方をしていますが、腕力が相当ないとなかなかボールをキャッチすることができません。

「ボールの正面に入るように」とよく言われますが、結構疎かにされているのがこの動作です。

こういう小さな部分にも拘って私たちスタッフは、トレーニングを行っています。

リバウンドジャンプを上手く使えるようになることで、プレースピードを上げたり、シュートをストップする確率を上げたりできます。

それでは、トレーニング内容です。

U-12 トレーニング

U-12 は、小さいボールを使ってボールに寄る作業を行いました。両足を同時に動かしてしっかりとボールに寄る意識を持ってトレーニングしていました。

最初の意識づけをしっかりすることで、自然とできるように落とし込んでいきました。

次に実際に4号球でキャッチのトレーニングをしました。

移動構える(プレジャンプ)リバウンドジャンプを確実に入れること、タイミングを合わせていくことを意識してトレーニングを行いました。

最後に、実際にシュートを受けていきました。

ボールが動くと色んなことを考えないといけなくなり、肝心な部分が疎かになってしまいがちです。

しっかりと声をかけながら意識を高くもってプレーし続けることができました。

基本技術のレベルが上がるだけで、このキーパーからはなかなか点が取れないと、脅威を与えることもできると思います。

もっともっと高めていきたいところです。

U-15トレーニング

リバウンドジャンプを連続した動きの中で取り入れました。

正面、バウンド、ジャンプと配球を変えながらどんなボールに対しても足を運べるようにしていきました。

足の動かし方、ボールの捉え方等色々と細かい部分も修正しながら、、、

中学生も標準のレベルをもっともっと高める!全員がレベルアップし、個人のレベルアップを図ります。

キーパーについての会話ができるようになってきている中学生は、成長スピードもはやくなってきています。

つぎに、移動からシュートを止めていきます。

プレースピードを上げながら、移動、構える、リバウンドを行うために、ハンドリバウンダーを使ってダイレクトシュートの状況を作り出しました。

なんとなく移動してその勢いで止めに行ってシュートをとめることもできますが、予測が外れたら対応できなくなってしまいます。動きのメリハリをつけ、逆を突かれても反応できるように、しっかり構えることを意識しました。

最後は、実際にシュートを受けました。

21の状況で、ボールが相手の足下に入る瞬間には、必ず構えることを声掛けしていきました。

ディフェンダーへの指示やポジション修正ででいっぱいいっぱいになり、

構えることを忘れることがまだまだ多いです。

移動のタイミング、スピード、構えるタイミングに拘ってプレーし続けていきたいですね。

トレーニング映像

次回出雲校開催予定

日にち 5月9日(日)

場所  斐伊川河川敷グラウンド

時間  18:30~20:30

内容  ブレイクアウェイ

着替えを必ず持ってきて下さい!欠席の場合には早めに自分で連絡をしましょう!

なお、悪天候の場合にはホームレクチャーを行います。 ホームレクチャーのURLは、こちらから改めて送ります。

Related Articles

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

無料体験の受け付けは下記のフォームから行えます!

    体験を希望する選手のお名前 (必須)

    学年(必須)

    連絡先電話番号(必須)

    メールアドレス (必須)

    体験希望日

    体験を希望するスクール

    メッセージ本文

    -MOVIE, スクールレポート

    Copyright© NPO法人鈴木GK育成スクール , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.