スクールレポート

11/15 出雲校レポート

投稿日:

こんにちは。

少年サッカー大会の島根県大会1回戦、2回戦がおこなわれましたね。スクール生も活躍しました。更なるレベルアップを目指して、選手もスタッフも頑張っていきましょう!

さて、今回はシュートストップのトレーニングを行いました!

U-12 トレーニング

U-12 (5年生以下)は、【プレイングディスタンスエリア内】のプレーについて

特に、【グラウンダーのシュートに対してのステップとキャッチングフォーム】のトレーニングを行いました。

グラウンダーのシュートを足を折って、ブロックを作ってキャッチング

基礎中の基礎ですが、、、基本を身につけること、基本を極めることは、最重要なことであり、鉄壁なGKへの1番の近道です。

 

まずは、ボールフィーリング。向かい合った2人が同時にボールを投げて、相手が投げたボールをキャッチ。コミュニケーション、コーディネーション、ステップ。遊びのようでもポイントを押さえることでしっかりとトレーニングになります。ボールによる時のステップを意識しました。

次に小さなボールを使って、膝を曲げてブロックを作る練習です。小さなボールが股の間を抜けないように...

ここでは、体のどこを地面につけて、どこをつけてはいけないか、そこを意識することで、安全なキャッチングやスムーズな動きにつながります。

ポイントは重心です。お尻を落としすぎないことで、目線をボールに近づけて確実なキャッチングがしやすくなります。

実際にサッカーボールでも同じことを意識して、横にステップを取り入れてトレーニングしていきました。

ステップを上手く使って、ボールに寄って、正面に入ってキャッチングできるようになってきていました。

U-15 トレーニング

中学生と6年生は一緒にトレーニングしました。

高いボールへのダイビングの【プレー方向と足の使い方】をトレーニングしました。

高い所にシュートが飛んできたとき、上に飛びたいわけですから、当然、足も上に向かってあげる必要がありますね。

ですが、意外とプレー方向が合わず、上に飛びたいのに、体が横になってしまうことがあります。ボールを捉えたい位置と、体が地面に着地する位置が合っていないこと。横方向に飛んでしまっていて、上に行けるはずのパワーが無駄になってしまいます。そこを改善していきました。

まずは、足を上に引っ張り上げる作業をしました。プレー方向を合わせて行くことで効率的にボールに寄れるようになっていました。

 

次に、リバウンダーを使ってシュートを再現しました。

プレジャンプの反動を使って、地面を押し、上に高くジャンプします。

パワーを伝えたい方向を意識してトレーニングすることで、高い速いシュートに体を投げ出して反応することができました。

ファンクショナルトレーニングでは、近距離からのシュートを止めました。

色んなシュートが飛んできます。自由度のあるトレーニングの中で、練習してきたことを発揮しました。

これからも、色んな状況からシュートに対応できるように様々なトレーニングを行っていきたいと思います。

トレーニング映像

次回 出雲校開催予定

次回スクール出雲校 

日にち 11月29日(日)

場所  斐伊川河川敷グラウンド

時間  18:30~20:30

着替えを必ず持ってきて下さい!欠席の場合には早めに自分で連絡をしましょう!

なお、悪天候の場合にはホームレクチャーを行います。 ホームレクチャーのURLは、こちらから改めて送ります。

Related Articles

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

無料体験の受け付けは下記のフォームから行えます!

    体験を希望する選手のお名前 (必須)

    学年(必須)

    連絡先電話番号(必須)

    メールアドレス (必須)

    体験希望日

    体験を希望するスクール

    メッセージ本文

    -スクールレポート

    Copyright© NPO法人鈴木GK育成スクール , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.