スクールレポート

3/7 出雲校レポート

投稿日:

今年度も残り半月ほどになりました。

令和2年度最後の【シュートストップ】がテーマのトレーニングでした。

今回は、ドリルトレーニングでは、ダイビングの重心移動を行い、実際にシュートを受ける時間を長くとりました。

これまで積み重ねてきたものを発揮し、沢山のシュートを止めていました。

 

ドリルトレーニング

ドリルトレーニングでは、ボールを置いて、そのボールを押すように腕立ての姿勢を取り、足を引きつけて立ち上がってダイビングをしました。

小学生は、配球をグラウンダーで行いました。

低いボールに対してプレーしたいので、早く体を低くするために、ステップの足を出しながら上体を倒しにいくことを意識しました。

一人ひとり、できるところ、できないところがありますから、手を出すタイミング、目線、捉える位置など、その選手に必要な要素を合わせて助言していきました。

中学生と6年生は、グラウンダーとライナーの2種類の配球で行いました。

6年生以上は、ダイビングも上手くなってきていますから、配球のスピードをあげたり、コースを体から遠ざけたりしながら、守備範囲を拡大していきました。

そのなかでも、やはり、小学生と同じく、個人の課題を見つけ、テーマ+αにアプローチしていきました。

6年生は、中学生のプレーを見て学びながらめきめきと力をつけてきています。

ファンクショナルトレーニング

今回は、ここにたっぷりと時間をかけていきました。

普段は、ドリルトレーニングにしっかりと時間をかけて落とし込みを行うことが多いですが、

1年間の集大成ということで、

バンバンシュートを打って、バンバン止めよう!!

小学生は、学年ごとにグループになり、ライバル意識を持ちながら取り組んでいました。

なんとしても止める!という気迫のこもったプレーもあり、スーパーセーブ連発でした。

4年生や3年生もローリングダウンやダイビングでシュートに果敢に飛びついていました。

1年間の成長が伺えたトレーニングでした。

中学生は、ポジショニングも意識しながらシュートを受けました。

横だけでなく縦のポジショニングも重要です。シューターのファーストタッチに合わせて微調整しながらシュートへ対応していました。

ダイビングスピードや幅が出ていて、こちらもビッグセーブが連発でした。

来年度、さらに磨きをかけて、試合で活躍できるキーパーにさせられるよう、私たちもより一層頑張っていきたいと思います。

トレーニング映像

 

次回出雲校開催予定

日にち 3月14日(日)

場所  斐伊川河川敷グラウンド

時間  18:30~20:30

内容  ブレイクアウェイ

着替えを必ず持ってきて下さい!欠席の場合には早めに自分で連絡をしましょう!

なお、悪天候の場合にはホームレクチャーを行います。 ホームレクチャーのURLは、こちらから改めて送ります。

 

その他ご質問等ございましたら

LINE公式アカウント『鈴木GK育成スクール各情報局』よりお問い合わせください✉️

Related Articles

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

無料体験の受け付けは下記のフォームから行えます!

    体験を希望する選手のお名前 (必須)

    学年(必須)

    連絡先電話番号(必須)

    メールアドレス (必須)

    体験希望日

    体験を希望するスクール

    メッセージ本文

    -スクールレポート

    Copyright© NPO法人鈴木GK育成スクール , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.